講師紹介

この仕事は動物の命と隣り合わせの仕事です。

いつも動物の命を預かっていることを忘れず、責任感・緊張感を持って取り組むことを学生には伝えています。トリマーは、技術ももちろん大切ですが、それよりも一番に動物のことを考え、その気持ちや異変が分かる人、気付ける人になる必要があります。
これらのことは私自身も心がけ、大切にしていることなので学生にも日々伝えています。これからたくさん悩み、時には失敗することもあるかと思いますが、その失敗としっかりと向き合い、一つ一つ乗り越えていきましょう。

稲原 美穂子先生

トリマー

稲原 美穂子 先生

「動物が好き」な人は多いが、「動物に好かれる人」は少ないと思います。動物のプロにとって「動物が好き」「動物に好かれる」ことは重要です。

プロとは「動物が好き=動物を尊敬する」「動物に好かれる=動物に尊敬される」ことであり、これこそが動物と人との信頼関係を築かせるのです。プロとアマチュアとの違いをしっかりと理解するべきです。理解の為にはプロの認識と自覚が必要です。私が考えるプロとは専門知識・技術を身につけ、物事に対して厳しい姿勢で臨み、かつ周りがそれを認める行為を実行する人間であることです。私は以上のことを学生に、また自分自身にも課題として与えることを心掛けています。

大塚 浩也先生

トリマー

大塚 浩也 先生

動物看護師の資格が統一化され、国家資格に向けての第一歩が踏み出されました。

動物病院における動物看護師の重要性がますます高まり、より高度な知識および技術が求められています。私は、人から言われたことをただ単に行うだけではなく、自分自身が常に考え、責任を持って行動できるような人材を育てていきたいと思っています。臨床現場で即戦力となるような知識・技術だけでなく、動物看護師としてのやりがい、大変さ、命の尊さなどを理解して貰えるよう現場での経験談を交えて授業を進めていきたいと考えています。
さぁ、皆さんの夢を形にして実現できるよう第一歩を踏み出しましょう。私と一緒に学んでいきましょう。

竹田 明子先生

獣医師

竹田 明子 先生

「動物看護師統一認定試験」全員合格を目指します。

動物看護師は生と死に向かいあった現場で仕事をしています。治療の甲斐あって元気になる動物もいれば、亡くなる動物もいます。家族同様に可愛がっている動物を亡くした飼い主様の心のケアも大切な仕事です。私たちは技術や知識を習得するだけではなく、飼い主様に寄り添い、支えることができる動物看護師を目指しています。動物看護師を目指す皆さん、一緒に頑張りましょう。

高橋 佳代子先生

認定動物看護師

高橋 佳代子 先生

『動物のプロ』には、動物や自然に対する正しい理解が必要です。

そのためには、知識の習得も大切ですが、実際に観察したり、触れたりすることが重要です。地球上には愛玩動物以外にも多様な生き物が棲息しています。そこで、眼の前の動物を知ると同時に、広い世界観をもつことも大切です。動物は命あるもので、物ではありません。動物の可愛さや美しさといった魅力に惹かれるだけではなく、どのような容姿の動物に対しても、多様性を尊重し、存在価値を認め、分け隔てなく、愛情をもって向き合える人を育てることを心がけています。

田邊 真吾先生

生物調査業

田邊 真吾 先生

「動物のプロ」になるためには、
まずは「動物を理解すること」が一番大事です。

プロになるためには、単純に好きという気持ちだけではなく、その生き物を理解し尊重することが大事なのです。犬のプロになるためには、犬の習性や本能、学習方法、気持ちの表し方などを理解しておくことが重要ですから、しっかり勉強出来るように授業内容の充実に心がけています。実際に私がプロとしての仕事で体験したこと、様々な犬の行動なども授業内容に取り入れています。そして、授業中実際に犬の行動や体の動き、表情をよく見て観察することで、より犬への理解が深まり、自然とより良い接し方が出来るようになってきます。学校を卒業し、プロとしてしっかり仕事が出来るように、これからも全力で指導していきたいと思っております。

山本 美貴子先生

ドッグトレーナー

山本 美貴子 先生