最短でトリマーの資格をとる方法とは


ペットの美容師トリマーを目指している方の多くは、トリマーの資格を取りたいと思っているのではないでしょうか?とはいっても、資格を取得するまでにはどれくらいの期間がかかるのかイマイチよく分からない…という方もいるかもしれません。
今回は、そんなトリマーの資格について、最短で取得する方法を含めてご紹介します。

最短でトリマーの資格をとる方法とは

■トリマーの仕事内容

トリマーは、犬や猫のシャンプー・ブロー・カット・爪切り・耳掃除・肛門腺しぼりなどをして、身だしなみを整えるのが仕事です。
実はトリマーという職業名は日本独自のもので、海外ではグルーマーとも呼ばれています。
トリマーの主な勤務先はペットサロンや動物病院、ペットショップとなります。

■トリマーになるのに資格は必要なの?

トリマーの場合、働く際に必ず必要となる国家資格などはありません。とはいえ、トリマーの仕事はゼロから始められるものではありません。カットやシャンプーの技術に加えて動物に関する専門的な知識を学ぶ必要があります。
トリミング技術を学ぶために専門学校への通学や通信講座などを活用するのが一般的で、資格取得はその証明になるものなので、取得する人がほとんどです。

■トリマーの資格の種類と受験資格

トリマーの資格は民間の資格であるため、種類も豊富です。業界では有名なものから、各スクールや学校独自に設けているものまで様々ですが、いくつか代表的なものをご紹介します。

① JKC公認トリマー
一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)の資格で、トリマーの資格で最も認知度が高いと言われています。

② NAVA認定トリマーライセンス
一般社団法人日本動物専門学校協会(NAVA)が主催する検定試験です。

③ DGS(旧:PGS)ドッグ・グルーミング・スペシャリスト
日本動物衛生看護師協会が主催するグルーミングの資格です。

④ AAV認定 サロントリマー検定
一般社団法人全国動物専門学校協会(AAV)が主催する検定試験になります。

⑤ JDA公認トリマー
全日本愛犬技術者指導協会による公認トリマー資格です。

⑥ I.C.C.グルーマーライセンス
ICC(International Cat Club)、インターナショナル・キャットクラブが主催する、猫のグルーミングの技能や知識に関する資格です。

この他にも様々なトリマー資格やライセンスが存在していて、トリマーについて学べる学校やスクール独自のものもあります。
これらの資格には受験資格が設けられていて、いずれも、それぞれの機関が認定した養成施設や学校で所定の時間学ぶ必要があります。例えばJKC公認トリマーの場合、受験する級によって1年から2年、決められたカリキュラムを履修する必要があります。
どの資格を取得すればいいのか迷う人もいるかもしれませんが、どの資格も同じ「トリマーの技術を身につけた」証明になります。知名度の違いはありますが、求人募集に資格の種類を問われることは少ないです。資格の種類だけにとらわれず、自分の目指すトリマー像を明確にし学べる場所・環境を選ぶ事の方が大切です。

■もっと早い期間で最短で取得する方法はある?

・1年も学校に通っている余裕はない…
・できるだけすぐ現場に出たい…
という方もいるかと思います。
すでに働いている社会人の方や、時間のない方におすすめなのは「通信講座」です。コースによっては最短3ヶ月程度で資格を取得できます。最近ではもっと短いものも出てきています。筆記の課題や小型犬の人形を使った実技課題を提出することで審査に合格・資格取得という流れになります。
通信講座とはいえ、筆記の勉強だけでなくスクーリングという実際に本物の犬にふれながら学べる日を設けているコースもあるので、実践に近い形で学ぶことが可能です。

取得できるトリマー資格の種類は通信講座によって様々です。
大手である「JKC公認トリマー」資格にこだわらない、とにかく技術と資格を手にして働きたい、スキルアップとして考えているという場合は気にする必要はないと思います。

■通信講座のメリット

通信講座でトリマーを目指すことには次のようなメリットがあります。
・資格取得までがとにかく早い
・仕事や学業との両立も可能
・自分のペースで勉強できる
・通学に比べて費用が抑えられる
通信講座は最短で資格取得が目指せる他、社会人の方や、通学の時間が取れないという方は、無理なく自分のペースで進められるので通信講座が向いています。途中で分からないことがある場合は、電話やメールなどで質問をすることもできますし、講座によっては受講者同士で交流できる場所を設けている場合もあります。
また、費用が抑えられるという点は大きなメリットと言えるでしょう。
一般的にトリマーの技術を学べる専門学校に通った場合、1年間でかかる費用は100~150万円程度となります。その他の養成施設(スクール)でも50~120万円は平均してかかってしまうので、3ヶ月ほどで10~30万円で抑えられる通信講座は費用の捻出が難しいという人にも安心です。

■通信講座のデメリット

逆に通信講座でトリマーを目指すことのデメリットもいくつかご紹介します。
・知名度のあるトリマー資格は受験できない
・通学に比べて実技の対策に不安が残る人も
・コツコツ計画的に進めなければいけない
・1回で合格できるとは限らない
やはり年単位で基礎から学ぶ通学スタイルに比べると、実際に本物のお客様(犬や猫)を相手にした時の対応に不安がある人もいるようです。また、毎日計画的に学習を進める必要があるため、それが億劫になってしまう人にとってはデメリットにつながる可能性があります。通学スタイルであれば最後までモチベーションを維持できるので合格率も比較的安定していますが、通信講座の場合1回で合格できる割合がどうしても下がってしまいます。

 

まとめ

最短でトリマーの資格を取得する方法と、そのメリット・デメリットをご紹介しました。
最短で資格を取るために通信講座という方法もありますが、やはり実践的に学び、技術や知識を身に着けることができる専門学校に通学する方が、試験に向けての手厚いサポートや就職後の業務幅の広がりなど、通信講座にはないメリットがあるのも事実です。
自分のライフスタイルに合わせて、適切な方法でトリマーの資格取得を目指しましょう。

 

京都動物専門学校のトリマーコースは3専攻
トリマー・ショップスタッフ・メディカルトリマー
コチラで詳しく紹介しています♪

先ずはオープンキャンパスに参加してください!
お申し込みはコチラからお願いします♪

オープンキャンパスのお申し込みはLINEからでもOK
友だち登録して、トークでお名前と参加日を送るだけ!
京都動物公式LINE