トリマーの働き方と種類とは


将来トリマーになりたいと考えているみなさん。
トリマーの働き方にはいくつか種類があるのをご存知でしたか?
今回は、トリマーとしての働き方をいくつかご紹介していきます。

トリマーの働き方と種類とは

■色んなトリマーの働き方

トリマーの働き方は大きく分けてこのように分かれています。
・正社員
・派遣社員
・アルバイトやパート
一般的に養成所や専門学校と行ったトリマーの技術を学べる学校へ通った後、トリミングサービスを行っているお店に就職する形が一般的です。
さらに、トリマーとしてある程度実績を積んだ後はさらに働き方が広がります。
・自分のお店を開く
・自宅でお店を開く
・フリーランスで働く
・海外で働く

次からそれぞれ詳しく見ていきましょう。

■トリマーの就職先

トリマーの就職先として一般的な場所はトリミングサロンの他、トリミングを行っているペットショップや動物病院、ペットホテルとなります。おおまかな仕事内容はどこも同じですが、就職した場所によって予約が入っていない時間の仕事内容が変わってきます。
例えば動物病院の場合なら受付対応や入院している子のお世話、ペットショップなら商品補充やレジ対応が入ります。出勤や休憩時間も就職先の営業時間に合わせるため、同じトリマーでも働くサイクルはお店によってまちまちです。

① 正社員としてのトリマー
お店の正社員として働く場合、トリミング業務の他にも任せられる仕事が多くなります。ペットホテルや入院中の動物のお世話をしたり、商品の在庫管理、店舗に訪れる業者への対応なども行います。お店によっては福利厚生が安定している場合もありますし、仕事をしながらお店の経営に必要な知識も身につけることができるので、将来的に独立を考えている場合は正社員を目指すのがおすすめです。
年収は平均して300万円前後となります。

② 派遣社員としてのトリマー
派遣社員として働く場合、派遣会社を通して指定されたお店でトリミングを行うことになります。カットやシャンプーの他、予約の受付やレジ業務なども担当することがほとんどです。派遣先となるお店はトリミングサロンに限らず、イベント会場やブリーダーが経営する犬舎、トリミングの専門学校など様々です。色んな場所で働くことができるので、実践スキルが身に付きます。
給料は派遣場所によって異なりますが、時給1,000~1,400円程度となります。

③ アルバイト・パートとしてのトリマー
パートやアルバイトの場合、お店によっては未経験から働くことも可能です。
本来は各種学校に通って技術を身につけなければいけないトリマーですが、アルバイトからスタートすれば、時間はかかりますが働きながら少しずつ覚えていくことが出来ます。
また、結婚や出産を機に正社員からパートに働き方をシフトする人もいます。
時給は1,000円前後で、賞与などはありません。

■さらなるステップアップ

ある程度の実績を積んだトリマーは、自分のお店を持ったりフリーランスで活躍したりと、働き方も変わってきます。それぞれ見ていきましょう。

・自分のお店を開く
固定のお客さんがたくさんついたり、もっと自分が理想とするサービスを提供したいと思った時に、自分でお店を持っていれば、自分の好きなように働くことが出来ます。
開業資金を集めたり、お店を経営することは人に雇われて働いている時に比べると何倍も大変にはなりますが、反対に頑張った分だけ売り上げになります。
せっかくお店を開いてもお客さんが来てくれず廃業…なんてことにならないように「自分が開きたいお店」と「自分が持っているスキル」と「お店を出したい場所のニーズ」が一致するように事前にコンセプトや事業計画をまとめておくことが大切です。

・自宅でお店を開く
お店を開く場合、テナント料として毎月家賃が発生しますよね。自分の持ち家がある人なら自宅の一部を改装してお店を開けばその分安く自分のお店をオープンさせることができます。家からお店までの通勤時間がなくなるので、家事や育児との両立も可能です。
また、普段生活している地域ならあなたの人柄を知っている人も多く、口コミや宣伝もスムーズに進むでしょう。ただ、お店の場所を選ぶ事が出来ないので、事前に周囲のペット飼育状況や他のトリミングサロン情報を調べた上で、開業準備を進めるのが鉄則です。

③ フリーランスで働く
フリーランスなら依頼を受けたお宅や施設でトリミングを行うため、新たにお店を立てる費用もかからず比較的安価に始めることができます。これまでの人脈を活かしてフリーランスとして働き方を変えるという人も多くいます。
反対に、お店がないということはいかに営業・宣伝できるかが成功のカギとなります。SNSを使ったり、何かキャンペーンを打ち出したりと、1回限りでなく次に繋がる仕事をしなくてはなりません。
地道な努力や時間が必要かもしれませんが、仕事に慣れて軌道に乗ってしまえば長く続けられる働き方と言えるでしょう。

④ 海外で働く
海外では日本よりもトリマーの求人が多く、職業としての地位も高い場合があります。アメリカなどでは動物愛護の考え方が日本よりも浸透していて、大切な家族のケアを任せるトリマーへの報酬も高めに設定されているのです。
ある程度語学力は必要になりますが、将来的に海外での生活を考えているのであればワーキングホリデーなどを活用してみてはいかがでしょうか。
ワーキングホリデーには30歳までという年齢制限があるので、その点だけ注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?色んなトリマーの働き方をご紹介しました。
それぞれにメリット・デメリットがあるので自分のライフスタイルに合わせて最適な働き方を決めていくのが良いでしょう。

 

京都動物専門学校のトリマーコースは3専攻
トリマー・ショップスタッフ・メディカルトリマー
コチラで詳しく紹介しています♪

先ずはオープンキャンパスに参加してください!
お申し込みはコチラからお願いします♪

オープンキャンパスのお申し込みはLINEからでもOK
友だち登録して、トークでお名前と参加日を送るだけ!
京都動物公式LINE