京都動物のブログ

2021年12月23日

2021年を振り返って


冬季休業に向け、生徒・教職員で大掃除を行いました。
1年間の感謝を込めて綺麗に。アルコール消毒も行いました。

2021年を振り返ると、京都動物専門学校でも色々な事がありました。

思い返せば1月から…新年を迎え、新たな気持ちでスタートしようという矢先に緊急事態宣言が発令されました。授業開始時間を遅らせたり、短縮授業を行ったりと新型コロナウイルス感染拡大防止措置をとりながら、安心安全を第一に教育活動を行ってきました。また、緊急事態宣言が発令されている間は来校型のオープンキャンパスは全て中止とし、WEBオープンキャンパスに切り替えました。

本当にwithコロナだったように思います。
毎年行われている一般社団法人.日本動物専門学校協会(NAVA)主催「全国トリミングコンテスト」も影響を受け、リモート大会になりました。

その中でも今年度は感染拡大防止対策をとりながら、レクリエーションを行ったり、北海道研修旅行(2年生希望者)を行ったりと、学校行事を行うことが出来ました。「校内トリミング競技会」もたくさんの方にご協力を頂き、無事に開催できました。

また、なんといっても、3号館(動物看護実習棟)が完成しました!
「明るい・広い・清潔」な校舎で生徒たちは日々学んでいます。

来る2022年、京都動物専門学校はたくさんの新入生を迎え、平和で民主的な国家及び社会に貢献できる人間を育てるため、一人ひとりを大切にした教育活動を積極的に展開していきます。

1月からはいよいよ2023年度生のAO入試新シーズンがスタートします。
まずはオープンキャンパスにご参加ください